FC2ブログ

KAGEROU

kagerou

U.C.Cです。リン・クロサワよりエイリアン描くのに時間が…。
イカ娘が無事に最終回(こちらではまだですが)を迎えたようなので、近いうちに記念の一枚でも。

CG集作業への追い込みをしてる最中ですが、話題の一冊を購読してみました。
水嶋ヒ…もとい斎藤智裕氏の『KAGEROU』です。
とやかく販売に至る経緯で、何かと騒がれている当作品ですが
肝心の内容を見ずに「ダメだこりゃ」とか言いたくなかったのです。
私も、自分が描いた絵を、見て貰う前にダメだしされたら落ち込んでしまいますからね。


ここからは感想です。ネタバレ回避したい方はここまで、という事で。



まずは、思ったより文章が読みやすかった、理解し易かったという点でした。
読む人によっては「幼稚」「陳腐」と感じる人もいると思います。

主人公のヤスオの描写はキッチリ表現されていて、読者もヤスオの視点で物語を追うことが出来、ちゃんと読者のことを考えた構成を心掛けていると思います。

ただ、この作品を読み終わった人は、次の2点が気になった筈です。
「終盤の急な展開」&「ページが足りてないのでは?」と。

ヤスオのキャラはしっかり描写されているのだが、もう一人の主役と言えるキョウヤの描写が足りず、足りないまま物語が完結してしまいます。あまりにも唐突に彼はいなくなります。(厳密にはいなくなっていないのだが……)
他にも、物語のヒロインである、看護士"モーリー"、熱帯魚の女等、これらをもうちょっとストーリーに絡めて、中盤以降で山場をもう1つ2つ見せることが出来たのではないか、と。少なくとも寒いギャグを入れる余裕があるなら、その分、ストーリーを優先させてもらいたかったです。

個人的に思うのですが、ヤスオが施設に収容されてから、終幕までの間に、もう少しキョウヤ側でのストーリーを書くつもりだったが、(おそらく)時間の都合で断念したのでは無いかと推測しています。
その理由として挙げられるのが、作中、ヤスオという人物に、何か好感混じりに興味を示したようなキョウヤの言動、その伏線が最後まで回収されなかったという点です。
もしかして、著者も書き足りないまま、消化不良を起しているのかも知れません。


総括
【命】と【命の器】というテーマにされているのは良かったと思います。
登場人物や設定にも、変に鼻につくような小難しい部分が無く、好感が持てました。
意味不明な心理描写や薀蓄も無く、テーマは重いものの、読むのに肩は凝らないでしょう。

ただ、テーマを生かすには文量が足りず、
著者が、読者に一番伝えたかった部分が不明瞭になっている事、
ヤスオ以外の登場人物の描写が不足している事、
この2点が非常に勿体無いと思います。


今作は、大賞級の傑作…とは言えないので、皆様に強くお勧めは出来ませんが
次回作があれば読んでみても良いかな?、と思います。(もう自費で買いませんけど)

ただし、今回のように時間を気にしながら書いたような拙速な内容で無ければ、ですが。

プロフィール

U.C.C

Author:U.C.C
属性:
 触手スキー

好み:
 戦う女の子
 南ことり(μ's)
 南條愛乃《歌手/声優》
 Aqours
  (イチオシは渡辺曜)
 ライブ鑑賞
 柔らかく煮た鶏肉

好きな作品:
 魔法少女アイ
 ラブライブ!
 イカ娘
 東方プロジェクト

苦手:
 精密機械
 カスタードクリーム
 トマト
 謝罪できない人

◆メールアドレス
 eternity_elf●hotmail.com
(↑●を削って@に変更してお送りください)

最新記事
カテゴリー
過去ログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク