FC2ブログ

リーチの感想&ゲーム雑談

『Halo: Reach』のキャンペーンを何とかクリアさせました。U.C.Cです。

キャンペーンモードに対する個人的な感想は――
・ストーリー展開は好み(一人ずつチームメイトが死んでいく様式美とか素敵です)
・ちょっと短い、でもCO-OP(オンライン協力モード)でやると面白さ倍増。
・仲間の一人、ノーブルフォー(エミール)が声のせいで範馬勇次郎にしか聞こえなかった。
 (担当声優の乃村健次さんはアニメ『グラップラー刃牙』の範馬勇次郎役)
 オーガなら素手でハンターの装甲を正面からぶち抜いて倒せそうですし。
 作中、最後まで素顔を見せなかったノーブルチームは主人公(自分)とエミールだけだったので
 私の中では、エミールの素顔はオーガになってます。



『アイドルマスター2』

最初に言っておくと、私は前作等、このシリーズはプレイしたことありません。
そんな私でも、この新作タイトルの持つ意味は理解していました。
X360ユーザーとして、このゲームが売れてくれれば、新規ハード購入者が増えて全体的に賑わうからです。
シリーズのファンじゃなくても期待するところは大きかったのですが……。

前作からプロデュース可能だったメインキャラ4人をNPC化。
そして、完全新規の男性三人組ユニット投入。

男性ユニット追加することは問題無いと思いますが
既存キャラクタープロデュースの枠を削ってまで投入はどうなのでしょうか?
シリーズファン&ユーザーが望んでいたモノは、少なくともこれではなかったと思います。
例えるなら、シリーズ人気のプロ野球のゲームソフトの最新作が、
シリーズ前作まで選択可能だったパ・リーグが使用不可になり
代わりに、これまた使用不可のメジャーリーグのリーグをひとつ持ってきたようなモノ……でしょうか。
少なくとも、そんな野球ゲームが出ても私は買わないでしょう。


新作に期待していたファンの皆様に同情いたします。



『FINAL FANTASY XIV

このシリーズはスーパーファミコンまでのシリーズ作品は遊んでみたことがあります。
如何せん、私はコンピューターRPGが苦手で、結局クリアまで到達できたFFはありませんでした。
そのFF最新作はシリーズ二度目のMMO-RPGだと言うのですが、その内容が余り芳しくないらしいです。

簡単に言うと、中華重視の展開商品のようです。

ゲーム会社と言え、ビジネスなので大きな市場を重視するのは当然、それは批判することではありません。
でも、自社が築き上げてきたゲームのブランドまで自己否定することは無いでしょう。


スクエニ「チョコボ→馬鳥に変えました、分かり易さを優先した為です!」

……すいません、余計わかりにくいです。 


プロフィール

U.C.C

Author:U.C.C
属性:
 触手スキー

好み:
 戦う女の子
 南ことり(μ's)
 南條愛乃《歌手/声優》
 Aqours
  (イチオシは渡辺曜)
 ライブ鑑賞
 柔らかく煮た鶏肉

好きな作品:
 魔法少女アイ
 ラブライブ!
 イカ娘
 東方プロジェクト

苦手:
 精密機械
 カスタードクリーム
 トマト
 謝罪できない人

◆メールアドレス
 eternity_elf●hotmail.com
(↑●を削って@に変更してお送りください)

最新記事
カテゴリー
過去ログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク